大田区観光情報センター

/大田区観光情報センター
­

著者紹介 大田区観光情報センター

この作成者は詳細を入力していません
今までのところ、大田区観光情報センター は 187 ブログエントリを作成しました。

《おもてなし外国語講座》10月ワンポイント英会話講座のご案内 ※満席です

☆11月のレッスンのご予約はコチラから。
おもてなしワインポイント英会話レッスンでは、大田区を訪れた外国人に応対するフレーズを学びます。

観光情報センターのスタッフによる初心者・初級者向けの無料レッスンです。《一般の方向け》  

町中で声を掛けられた(困っている外国人に声を掛ける)時や日常会話の便利な表現など、小学生から大人の方までどなたでもご参加いただけます。

《事業者の方向け》

お店などで外国人の方を接客することがある方、またはご興味をお持ちの方が対象です。

☆一般の方向け・事業者の方向けにテキストをそれぞれ2種類あり、各レッスン1回ずつ(最大4回)レッスンを受けていただくことが可能です。

☆6月に大田区報に掲載した関係でたくさんのお問い合わせ・ご予約をいただいており、10月のレッスンは抽選により決定いたします。

お申込み受付期間: ~9/21(木)

ご予約の可否は9/22(金)、9/23(土)にご連絡いたします。

***お申し込みいただけるのは10月中に1レッスンのみ、締め切り後に空席がある場合に限り、もう1レッスン(同じ月に最大2レッスンまで)のお申し込みを承ります。

☆10月のレッスンはすべて満席となりました。

*11月のレッスンのご予約はコチラから*
所要時間: 約40分

費用: 無料

会場: 大田区観光情報センター

定員: 各回とも6名様まで ***1名様より承ります

川瀬巴水 絵葉書(水辺の風景編)

大田区にゆかりのある版画絵師 川瀬巴水が描いた『水辺の風景編』 8枚入りのポストカードです。

同じシリーズで「高橋松亭」と「海苔の浮世絵」、「川瀬巴水(内陸の風景編)」(各400円)の絵葉書もあります。

炭花壇 観葉植物

消臭や湿気調整・空気の浄化作用を持つ「くぬぎ炭」をくりぬき、ゆっくりと成長する植物を植えました。

リビングの窓辺や玄関先など場所を選びません。

植物によって毎日または週1回の水やりが必要です。

川瀬巴水 扇子

大田区にゆかりがある版画絵師 川瀬巴水の作品を扇子に施しました。繊細な光と影の表情で描かれた池上本門寺や洗足池の風景画をお楽しみください。

ポルボローネス

スペインアンダルシア地方で作られている「ポルボロン」を原型として、日本人の味覚に合うよう独自に工夫を重ねて作り上げた、レピドール自慢のお菓子です。

「ポルボロン」の基本の味とされる「シナモン」、日本茶によく合う「ごま」、そして日本の風味「抹茶」の3種類の味の詰め合わせです。

3種類ミックス 各4袋入り 系12袋入り

池上カステラ(ハーフサイズ)

洋菓子のようなきめの細かいしっとりとした食感です。

そこには、卵を泡立て るときに卵黄と卵白を別たてするなど、手間と暇を惜しまない職人の技術が生きています。

「池上カステラ」という文字が焼き印されており、大田のお土産にぴったりです。

紋切り紙遊び歳時記

紋切りは、紙を折って型紙通りに切れば美しい紋が作れるという江戸時代から優雅な遊びとして伝わりました。

『祝う』は、様々なお祝いごとに使える便利なキットです。ポチ袋、はし袋を華やかに演出します。

型紙15種、和紙折り紙12色15枚、白無地ポチ袋4枚、リーフレット3枚

『咲く』は、グリーティングカード・手紙に四季折々の彩りを添えられます。

型紙16種、和紙折り紙13色15枚、カード台紙用紙5色10枚、リーフレット3枚

2017年9月イベントカレンダー

2017年9月 イベントのご案内

 日本で外国人に人気のお土産No.1とも言われる『食品サンプル』、その元祖であるイワサキ・ビーアイは大田区西蒲田に本社を構えております。つい口にしたくなるような完成度をぜひ間近でご覧くださいませ。

日本映画の近代化の中心地が映画の街「蒲田」だったことをご存知でしょうか?
JR.蒲田駅と京急蒲田の間にある「大田区民ホール・アプリコ」は「キネマの天地」と呼ばれた「松竹キネマ蒲田撮影所」跡地に建っています。

この蒲田エリアで「第5回 蒲田映画祭」が9月30日から11月3日まで開催されます。

「第5回 蒲田映画祭」のご紹介と共に、松竹キネマ蒲田撮影所で撮影された映画パンフレットやチラシなど貴重なコレクションを特別に展示しますので是非ご来館ください。

蒲田映画祭公式ページ
蒲田映画祭蒲田映画祭Facebookページ
大田区には都内で最も多い42軒の銭湯があり、外国人旅行者にも人気のスポットのひとつとなっています。

今回は、大田区浴場協会にご協力いただき、大田区観光情報センターで銭湯の魅力をご紹介します。

観光情報センターで自分好みの銭湯を探して銭湯めぐりをしてみませんか?

 

期間中は、本物の「黒湯」に触れることもできます。実際に触って黒湯のなめらかさを体験してください。

大田区と川崎市の両地域に湧く褐色色の天然温泉「黒湯」をイメージして作られた「黒湯サイダー」も販売中です。

海苔の浮世絵 絵葉書

かつて海苔の生産地として有名だった当時の大森の風景画 8枚入りのポストカードです。

同じシリーズで「高橋松亭」と「川瀬巴水」の絵葉書もあります。