「蒲田切子」は、「フォレスト」のオリジナルブランドの江戸切子製品です。

代表作「水鏡(すいきょう)」は、大正・昭和初期の蒲田のモダンな気質を融合させたデザインの江戸切子です。

熟練の江戸切子職人がガラスを幾重にも削り、何度も磨いて、シンプルで複雑、そして繊細な玉模様で構成された製品です。

鋭角なカットが多いなか、蒲田切子独特の丸みを帯びたカットは手にもしっくりなじみます。

木のようなぬくもりを持った切子をつくりたかったという鍋谷孝社長の想いが会社名の「フォレスト」に込められています。

詳細情報