美しいものに名前をつけるのが得意だったアン。恋人同士が歩いているところを想像して、楓の道を「恋人の小径」と名付けました。

いちご味の白あんをサンドしたブッセに、桜の花をあしらっています。